自由訳漢詩文のページ

このサイトを訪問してくださり
心より感謝申し上げます。

今月の自由訳
(2023年2月)

■『太平広記』第343巻

[訳文]
馮おばさんの話。
馮おばさんは廬江のあたりの農夫の妻だった。
夫に先立たれ、子がなく、貧乏で、村人から除け者にされ、見棄てられてしまった。
元和四年[809年]は、長江より南の一帯ではひどい凶作だった。
馮おばさんは食べるものを求めて、舒州の方へとさまよい流れて行った。
牛を放し飼いにしている野を行く間に、だんだんと暗くなり、雨が降ってきたので、桑の木の下に留まった。
ふと見ると、道の向こうに、ちらちらと明かりの漏れる一軒の家があった。
馮おばさんはそこで泊めてもらおうと、頼みに行った。
馮おばさんが声を掛けると、そっと戸が開き、一人の女が姿を見せた。
歳のころは二十歳ほどか、きれいな衣服を身に付け、三歳ぐらいの女の子を抱いていた。
女はいままで泣いていたのか、顔が涙でぬれていた。


●これは、怪奇譚の一節です。
   全体を御覧になる方は、ここをクリックしてください。
●バックナンバーを御覧になる方は、ここをクリックしてください。

『自由訳 蘇東坡詩文集抄』

現在のこのサイトのメインディッシュです。
次に掲げてある『自由訳 蘇東坡詩集抄』の改訂版です。
今後順次upしてゆく予定です。

●作品を御覧になる方は、ここをクリックしてください。

『自由訳 蘇東坡詩集抄』

蘇東坡の詩文を自由訳のスタイルで訳しています。
全ての章の訳を終えています。

●作品を御覧になる方は、ここをクリックしてください。

古い中国を舞台にした歴史小説

『春眠暁を覚えず』 主人公は孟浩然(盛唐の詩人)
『葬られた詩』 主人公は韋荘(唐末・五代の詩人)
などの歴史小説があります。

●詳しく御覧になる方は、ここをクリックしてください。

そのほかの作品

昔の中国とは関係しないいくつかの作品があります。

●詳しく御覧になる方は、ここをクリックしてください。

このサイトについて

自由なスタイルで訳した漢詩などの作品を掲示しています。
このサイトの管理人は昭和30年生まれの人物です。

●詳しく御覧になる方は、ここをクリックしてください。